フランクリンプランナーのユニバーサルを使い続けるたった2つの理由

 
フランクリンプランナー ユニバーサル 

この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!



どうも!!『らしらん』(rasiran)です。

 

昨年に引き続き、今年の手帳もフランクリンプランナーのユニバーサルが手元に届いたので、私がユニバーサルのリフィルを使い続ける理由についてお伝えしようと思います。

 

いや~毎年思うことですが、高いですね。

 

定価が5600円で、税込み6048円ですから、1か月あたり約500円。

それでも私がフランクリンプランナーのユニバーサルを使う理由についてお伝えしたいと思います。

 

その前に、商品の外観についてみていきましょう。

 

3種類のフランクリンプランナーを万年筆で書き比べた記事はコチラ

 

フランクリンプランナーのユニバーサルはこんな感じ

フランクリンプランナー

今回も、フランクリンプランナーのサイトで注文したので、フランクリンプランナーのロゴの入った箱で手元に届きました。

 

フランクリンプランナー オリジナルラインページ

フランクリンプランナーのサイトから注文すると、コチラのオリジナルラインページ50枚がサービスとして付属してきます。

見開き2ページですが、たまに書ききれない事があるので、このように継ぎ足しできるページは便利ですね。

※下のバナーから購入するとオリジナルラインページが50枚サービスされます。

送料がかかる場合は、必ず使う一週間コンパスと一緒に注文すれば送料は無料になるはずです♪




フランクリンプランナー オリジナルラインページ

サービスのオリジナルラインページは、さすがにユニバーサル用のトモエリバーの紙ではなく、通常のオリジナルのタイプの紙質です。

印刷のカラーも2017年のものと同じ今まで通りの緑色の印刷です。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

去年のものと大きな違いはありませんが、今年は4月と10月はじまりが廃止されることから、15か月版となって届きます。

なお、3か月分多いですが、価格は2017年の12か月分と同じです。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

始まりのページには名前や住所を記入できるようになっています。

 

フランクリンプランナー  ユニバーサル

次のページはカレンダーです。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

さっそく1月のページで、最初は索引のページです。

 

このページは月ごとのページの先頭にも同じものが入っているのですが、一応同じことを記入することにしています。

このページに日付と当日のメインとなる出来事を記入しておくと、後から振り返る時にとても便利です。

あまり活用している人はいないようですが、私にとっては重要なページの一つです。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

通常のカレンダーですが、こちらのページには主に移動が伴う予定と、大きめのイベントを記入することにしています。

自分がいつどこにいるのかを把握することで、移動先での空き時間に人と会う予定を入れることも簡単になります。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

左のページは目標やタスクを記入するページです。

 

下の方の月間目標のところにどのようなビジョンで今月を過ごしたいのか、ぼんやりしたことも含めて書き出して、具体的にどのような行動をとれば、そのビジョンを達成できそうか具体的な行動をタスクの欄に書き出します。

 

ビジネスとプライベートと分けられているので、どちらの欄に書くべきか迷う事もありますが、あまりこだわらず直感で分けて書き入れることが多いです(笑)

 

右側のページは、カレンダーのページの前に出てきたものとまったく同じです。同じ事を書いていますが、実際に開いて使用するのは、カレンダーの前よりも、こちらのページの方が多いです。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

これが、毎日記入するページで、見開き2ページを1日で使用します。

 

トモエリバーという手帳用の薄い紙が使用されているので、写真だとかなり透けているようですが、実際に使用するとあまり気になりません。

 

左のページは1日のスケジュールとタスク。

右のページは

  • 食事に行っておいしかったメニューをメモ
  • 一日を振り返った反省
  • 本日の新しい取り組み
  • 新しく購入した物
  • ふと思いついた言葉
  • 予定に書き込むほどではないけれど、近いうちにやってみたい事

ハッキリ言って雑多なのですが、だいたいこのような事を記入していれば右側のページは埋まります。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

左のページは金銭管理のページです。

私はほとんどクレジットカードの明細で把握しているので、こまかな事よりも利用したお店の名前やおいしかった料理名を書いたりしています。完全に本来の使い方ではありませんね(笑)

 

右側のページからは2月分の索引のページが始まるので、ひと月で使用する範囲としては左ページの金銭管理のページまでですね♪

 

たくさんのページがありましたが、一日のうちに確認するのは、サクッと朝のうちに索引と月間カレンダーのページで大体のひと月の流れを把握して、月間目標をながめながら当日のスケジュールをたてるって感じです。

金銭管理のページは、覚えておきたいお店のリマインダーみたいな使い方です。

 

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

手帳の最後の方には来年分のカレンダーが付いています。

細かい日程まで決まっていなくても、『来年の今頃また会いましょう』のような口約束でもメモしておくと忘れずにこちらから連絡を入れることができます。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

再来年の予定ですね。

私は、意図的に達成が難しいくらいの難易度の高い目標を書き込んでいます。現実的な目標も大切ですが、現時点の目線で現実的な目標を再来年に設定してしまうと自分への負荷は小さなものになってしまいますのであえてそのようにしています。

 

フランクリンプランナー ユニバーサル

フランクリンプランナーを購入すると毎回ついてくるのですが、簡単な使い方の冊子が入っています。

手帳の使い方が固まってきているとはいえ、さっと目を通すと新たな使い方をひらめいたりすることがあります。

 

ユニバーサルとオリジナルとの違いは何か?

圧倒的な違いは軽さです。

それだけ?と思うかもしれませんが実際に持ってみるとかなり軽くなった様に感じます。あとは、紙の薄さから手帳がすっきりして見えるのが大きな違いです。

 

オリジナルの2018年モデルから、第二領域の行動を記入できる欄ができたようなので、ユニバーサルの方にも第二領域を書き込む欄を自分で作ろうと思います。

あとはデイリーページ右側のフリーページがオリジナルは横罫で、ユニバーサルはドットになっているところです。

 

個人的にはドットの方が方眼のような応用の効く使い方ができるので好きです。

 

まとめ

フランクリンプランナー ユニバーサル

インクが乾く前なので『裏抜けしない』のところがテカテカしています。Bニブのペンで書いても裏抜けすることはありません

 

私がユニバーサルの手帳を使う理由は軽さです。

あとは、万年筆での書き心地ですね。初めは紙の薄さから裏抜けしないかと心配になりましたが、さすがは手帳用のトモエリバーということで問題なしです。

すこ~し価格的に高いようにも思いますが、元を取るくらいの気持ちで手帳を活用すれば生活の質が変わって金銭面以上のリターンが得られるのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

万年筆の選び方についての記事はコチラ



この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

 

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.