FPがダイレクト保険にリスク無しで乗り換える方法を考えてみた

 

この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

実は、FPだったりする 『らしらん(rasiran)』です。

お金がないという人と話すと、お金そのものが無いというよりも、無駄な事に使いすぎているからお金が無くなっているのでは?という場面によく出会います。

 

その中でも大きな無駄遣いをしていることが多いのが保険なのですが、今回は自動車保険について見直していきたいと思います。

 

保険会社の保険料の違いのひみつ

自動車保険の為に仮に毎月1万円支払っているとしましょう。

 

その一万円を使って保険会社は何をしているのかご存知でしょうか?

それでは、お金の流れを見ていきたいと思います。

 

  1. あなたから保険料として、1万円を保険会社が受け取る。
  2. 保険会社が運営費としてナンボ(いくらか)か抜き取る。
  3. 1万から運営費を引いた残りで、事故を起こした誰かの保険金を支払う。

 

要は、保険会社が運営費の為にナンボ抜き取るかで保険料(あなたが払うお金)が高くなるか安くなるか?が決まるという事です。

よく勘違いされるのですが、高い保険料を支払えば、高い保険金が支払われるというようなことはありません

 

仮に、車両保険に入っていて10万円の修理費のかかる事故を起こしたなら、支払われる保険金は10万円です。あなたが高い保険料を支払おうが安い保険料を支払おうが保証される金額は同じです。

 

なぜ保険会社によって保険料が違うのか?

自動車保険の契約は、大きく分けると代理店型ダイレクト型(インターネット等で直接申し込む方式)があります。

 

先ほど、保険会社が運営費としてナンボ抜き取るかで保険料が決まるとお伝えしましたが、運営費の大部分は人件費ですので、ダイレクト型の方が運営費が安い分、保険料は安くなるという訳です。

さらに、同じダイレクト保険でも会社によって保険料が違うのは、企業ごとの軽費削減など企業努力によるものです。
私も利用している無料の自動車保険一括見積もりサービスはコチラ

ダイレクト保険は対応が悪いという噂

インターネット型は事故対応が悪いと一度くらい聞いたことがあると思います。

 

具体的には、待たされた。こまめな電話連絡がなかった。担当者の丁寧さが感じられなかった。

要は、自分の事を大切に扱ってもらったという実感が感じられなかったという話で、事故対応が悪いというよりも、担当者の対応がわるかったという事です。

 

これは代理店型の保険でも同じように起こりうる話で、安かろう悪かろうという認知バイアスが働くためダイレクト保険だから対応が悪かったという結論に至るのだと思います。

 

でももしも本当に対応が悪かったとしてもこう考えてはいかがでしょうか?

 

あなたは、この先どのくらい事故を起こす予定ですか?

 

こんなことを聞くと、そんなん知らんわ!!と怒られるかもしれませんが、統計上は交通事故に遭遇する確率は一生に1回あるかないかのようです。

 

これは全体から割り出した数字ですので、免許が『ゴールド』の優良運転者に限るともっと事故の頻度は低くなると思います。

 

一生に一度起こすか起こさないかの事故に対する対応の品質を求めるのは合理的ではないと私は思う訳です。
私も利用している無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

でも、噂通りダイレクト保険の対応が最悪だったら?

 

いくら説明したところで、過失割合でもめたときに弱いのでは?という不安はあると思います。

 

一番いいのは、自分で知識を持っておくことかもしれませんが、専門外は代行してもらうと自分の労力を少なくすることができます。

 

その方法は、自動車保険に『弁護士特約』を付ける事です。

使ったことはありませんが、安価な特約なので私は必ずつけることにしています。

 

保険でもめたくなければ、証拠を残す

揉めることの多くは、証拠がないことが原因です。

もしも自動車にドライブレコーダーをつけていないなら、取り付けておくことをおすすめします。

 

以前に比べて安く購入できるようになりましたから、浮いた保険料の差額で購入する事もできると思います。

 

私が今買うならコレです。

ナンバープレートもしっかり読める画質で、その他必要なスペックが全てそろっている中で安いからです。

 

まとめ

もしも、家計を節約したいのであれば、自動車保険を見直してみてはいかがでしょうか?

 

私は、更新の度に保険料の見直しを行っていますが、今のところ毎年同じ保険会社の保険が安くなっています。

 

ダイレクト保険でも微妙に価格が違うので一度確かめてみると違いに気づけて面白いと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

 

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.