財布を紛失し、現金全額とカードを『ガッツリ』使われて考えたこと

 
  2019/02/11
 
カード紛失
この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

どうも!!財布を失くした『らしらん』(rasiran)です。

まさか私が財布を失くすとは思いませんでした。

 

そもそも、私は物を壊したり失くしたりって事をしないんですよ。

失くしやすい物としてよく言われる、でも無くさずに10年以上使ってますし、、、

 

まぁ、自分は絶対に財布を失くすことはないだろうという気の緩みがあったんだと思います。

 

 

今回は、財布に入っていたそこそこの金額の現金と、

クレジットカードでシャレにならない金額の不正利用という損失を出して真剣に考えたことをお伝えしようと思います。

※財布は紛失した当日の夜、発見されました。(現金は全て抜き取られ、クレジットカードの指紋も綺麗に拭き取られた状態で戻されていました。)

 

カードの不正利用はカード会社が保証してくれた

まずは、シャレにならない金額のクレジットカードの不正利用は、クレジットカード会社の保証によってなんとかなることがわかりました。

※カード紛失の際は不正利用を防ぐため、一秒でも早くカード会社に『カードを紛失した』と連絡してください。

 

問題は、そこそこの金額の現金です。

 

警察にも被害届を出して、鑑識課で犯人の指紋が出ないか刑事ドラマの様にポンポンやってもらいましたが、指紋は出てこず、やんわりとですが現金が手元に戻ってくる確率は低いと言われてしまいました。

 

ようは、財布に入っていた現金はあきらめろ!!という事です。

 

平成も終わるというのに、なぜ現金を持っているのだろうか?

私はお店での会計のほぼ全てをクレジットカードで行っているので、ほとんど現金を使いません。

 

最近、現金で支払いをしたのは、自販機でのジュースを買うときか、100均に行ったときくらいでした。

現金を使う機会も限られている上に、金額も大したことがないという事です。

 

クレジットカードが手元にあれば、現金なんてほとんど必要ないはずなのに、なぜ多くの現金を持ち歩いていたのかを考えると、

 

クレジットカードを持っていなかった頃のなごりで、なんとなく多めに現金を持っていると安心するような気がしたから、なんとなく現金を多めに持ち歩いていた。

 

という事に気が付きました。(アホっぽい理由ですね)

 

理由っぽく言ってみましたが、結局なにも考えずに現金を持ち歩いていたという事です。

 

現金は必要な分だけを持ち歩く

今回の財布の紛失で懲りたので、現金は必要最小限にすることに決めました。

すると、今までの財布が大きくて重いだけの入れ物に思えてきたんです。

 

この機会に、財布も買い替えることにしました。

 

アブラサスの財布がめちゃくちゃいい!!



アブラサスってところの『薄い財布』です!!

薄い財布って商品名の通り、お札を10枚、カードを5枚、コインを10枚入れた状態で厚みが13mmで、とても薄く作られています。(コインはMAX15枚入ります)

 

これだと、1万円札を2枚入れておいて、1000円だけ使った時のおつりを1000円札9枚で受け取っても大丈夫ですね。しかも折りたたまずにお札を収納できるのはポイントが高いです。

まぁ2万円あれば急な外食にも対応できるでしょう。

 

カードは、『三井住友VISAカード』と『Tポイントカード』、あとは『免許証』と『イコカカード(関西圏のJR用ICカード)』をいれることにしました。

普段使うものはこれで十分です。

会員証などの使用頻度の低いものは名刺入れなどに入れて対応しようと思います。

 

コインは、ほとんどクレジットカードを使っているので貯まることはありません。今までも帰宅するたびに貯金箱(スタバのカップ)に入れるようにしていたので、基本的に小銭入れは空っぽの状態をキープしています。

スタバのカップ 貯金箱

私が『貯金箱』と呼んでいるスタバのカップです。

 

上の写真の様に帰宅ごとに小銭を入れているので500円玉も結構多くて、カップが一杯になるとそこそこの金額になります。

 

ブッテーロレザーがおすすめ

アブラサスの財布は革の種類やコラボレーションモデルなどたくさんの種類があります。

 

かなり私の主観がはいりますが、ざっくり主なところを紹介しようと思います。

  • メンズカラー (ブルガリやバーバリーの製品でよく見る感じのエンボス加工(型押し)で傷が目立たない、質感はブルガリに近く無難な印象)
  • classic (艶のあるガラス加工レザーは面積のある長財布に使うととてもきれいだけど、薄い財布は小さいので、テカテカして安っぽく見えてしまうかも)
  • ダンボー、ウルトラマン、デザイナーとのコラボモデル (長期間使う事を考えると派手なデザインは飽きるし、プリントされたデザインは使い込むと汚くみえてしまう)
  • ブッテーロレザー (表面加工のされていないシンプルなヌメ革。新品は地味に見えるけれど使い込むことで出てくる自然な艶が一番きれい)

ようは、ブッテーロレザーごり押しってことです(笑)

 

ブッテーロレザーは他のモデルと比べると少し高いですが、それでも17500円で購入できます。メンズカラーの14950円との差額は2550円なので長期的に使う事を考えると悩むような金額ではありませんね。

 

お手入れ方法

アブラサスのサイトで紹介されていたものと違うものもありますが、私の愛用しているコロニル社の製品だったので紹介しておきます。

 

 

コロニル 防水スプレー ウォーターストップ

ブラシでホコリをはらったあと、防水スプレーを吹きかけます。

防水スプレーを吹きかけておくと汚れにくくなるのでオススメです。

 

防水スプレーは各社から販売されていますが、コロニル・ウォーターストップは、柔軟性と通気性を妨げないので少し高いですがこればかり使っています。

 

 

コロニル プレミアムディアマント

私が愛用しているのは、コロニル・プレミアムディマントです、今は廃盤で後継のコロニル・ シュプリームクリームデラックスに切り替わっています。

 

使い方ですが、個人的にはブラシよりも指先にとって直接塗り込むことをお勧めします。

分量はオイルの表面を指先で触れて、指先が湿る程度で十分です。

 

例えるならば、紙をめくる時や、切手に指先で水を付ける時と同じ位の量です。

 

一度に使う量が少ないので、革靴やカバンの手入れも全てコレでやっていますが、一つで何年も持ちます。

コスパは最強です。

 

リペアサービスが用意されている

もちろん有料ではありますが、修理のサービスも用意されています。

 

万全の状態で長く気に入ったものを使えるっていいですね。

使い捨て前提の製品が多いですが、長く大切に使える品質であるという事です。

 

まとめ

今回は、財布を紛失してしまった失敗から使う予定のないお金を持ち歩くのは意味がないと気づいたので、アブラサスの財布に買い替えたことをお伝えしました。

 

これからは、クレジットカードと必要最小限のお金だけを持ち歩こうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© rasiran , 2019 All Rights Reserved.