2017/09/12

ほんまアホばっか!!車道のロードバイクはホンマに迷惑やと思う

 
ほんまアホばっか!!車道のロードバイクはホンマに迷惑やと思う

この記事を書いている人 - WRITER -
お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。 ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

アホとか言ってごめんなさい。

 

私は、ロードバイクも大好きですし、車にも乗ります。

でもね、たま~に思うんですよ。車の迷惑になっているのを気にせず大きな顔して車道を走るロードバイクを見ると……。

 

ホンマに……。

 

相手の立場に立って考えて!!

車の側で考えると、自転車って怖いんですよね。

 

時速30キロ位出てたりするじゃないですか?地味~に早いから追い越すにもめっちゃ気を使う。

 

追い越すときって、ちょっと反対車線にはみ出したりするじゃないですか?ってなると対向車が来てないタイミングを待たないといけないですよね?

 

 

まぁ1台くらいなら何とかなりますけど、こんな感じでつながって走られると、追い越すに追い越せない。

 

 

 

自転車の後ろにずら~っと車の渋滞ができますよね?あなたの注文したアマゾンの商品を運ぶためのトラックも渋滞に巻き込まれてるかもしれないわけですよ!!

 

仕事で走ってるアマゾンのトラックが、遊びで走っているロードバイクにとめられる。っておかしくないですか?と思う訳です。ちょっと歩道側にどいたり、バラけて走ってあげてよ!と

※アマゾンは、お世話になっているので邪魔してはいけない存在の例としてあげただけです。深い意味はありません。

 

 

車道を走る義務

確かに自転車は道交法上、軽車両に該当するので原則として車道を走ることになっています。

 

でもね、『法律』とか『義務』って言葉を使えば全てが許されるのかっていうとそれは違うと思うんです。

やっぱり他人に迷惑をかけるってのは、ロードバイク乗りとしてイケてないんじゃないかなと…、

 

例えばですが、気前のいい上司がよくおごりで、しょっちゅう食事に連れて行ってくれるとします。とても紳士的な上司で愚痴をいったり偉そうなことも言わない。

 

普通なら、「めっちゃえぇやん!!」ってなりますよね?

 

でも、贅沢な悩みですが、連れて行ってもらっている部下が家庭を大切にしたいから早く家に帰りたいと考えていたなら迷惑だと感じるかもしれないわけです。

 

そうなると、おごってもらいながらとか、部下のくせに少しは我慢しろって意見もあるとは思うんですけど、部下が迷惑だと思ったならそれは迷惑な行為ということなってしまうんです。

 

で、話を戻しましょう。気前のいい上司は法律はもちろん破っていないですし、部下の食事はおごりです。

 

車道を走って迷惑をかけているロードバイクは、確かに法律に違反している訳ではありません。だからといって迷惑が掛かっていたとしても、軽車両は車道を走る義務があるから車が我慢しろというのは、おごりだと思います。

 

すみません。おごりって言いたかっただけです……

 

 

まぁいろいろと言い分はあるとは思いますけど、法律や義務というものがなぜ存在するのか?と考えるとちょっと相手の立場も意識できると思うんですよね。

 

ザックリですが、法律というものは、法律を守ることによってトラブルのない暮らしをするために法律が存在するわけです。

けっして、警察に捕まらないために法律を守るわけではないんです。

 

だから、法律で取り除くことの出来ないギクシャクは『思いやり』で何とかする必要があると思うんですよね。

自転車専用レーンの整備もできていないのに、車道を走らせるように決めた国が悪いとか、自分以外の何かを非難する前にまず自分のできることは何かやりましょうと…。

 

例えば、自分の後ろに、トラックや車の運転に慣れていなくて追い抜くことをためらっている車がいると感じたら一旦止まって先に行ってもらうとか何でもできると思うんです。

 

タイムを計測しているから止まれないとかね、あほやんって思う訳です。競技場行ってくださいと…。

 

こういうこと書くと叩かれるんでしょうけど、私はロードバイクに乗るときは、歩道に人がいないような状況だと割と歩道を利用させてもらっています。

 

私の住んでいるところは、歩道なんてガラガラで人なんて歩いていないんです。もちろん人がいれば一旦車道に出るか、「すみません」と声をかけて通らせてもらいます。

 

法律的にはアウトに限りなく近いかもしれませんが、好きで乗るなら他人に迷惑をかけるのは一番イケてないと思うので正しい正しくないの判断だけじゃなく、臨機応変に歩道を利用することも考えてみてはどうかな?と……。

やっぱり、好きでロードバイクに乗るなら、相手の立場も考えて乗りたいなと思ったわけです。

まとめ

いくら、しっかりと距離をとってくれていても大型トラックに追い越されると「ヒヤっ」とすることがあるように、いくら気をつけて走っていても走行速度が車よりも遅いロードバイクは、車からすると「イラっ」としたりするわけです。

 

お互いを責めたり、道路の整備のせいにする話を聞くたびに『残念やな』って思ってしまいます。

 

少しずつでいいから歩み寄れればなと思って書かせていただきました。

ホンマお願い!!ちょっとマナー悪すぎやわ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。 ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!
 

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.