知らなきゃヤバイ!!バイナリーオプションが危険な3つのポイント!!

   

どうも!!億万長者になったら食卓にはランチョンマットを引いてみようと思う『らしらん』(rasiran)です。

 

口に出しては言わないけれど、正直に言うと楽して稼ぎたいと皆さんも思ったことがありますよね??

 

大丈夫です。らしらんも同じ事を思っています(笑)

 

という訳で、今回は楽して稼げそうな『バイナリーオプション』についてお伝えしたいと思います。

 

ただ、『らしらん』は、リスクを出来る限り小さく投資をすることにこだわっているので、『バイナリーオプション』はちょっとオススメできません。

 

そのことについて詳しくお伝えしたいと思います。

リスクを小さく投資を行う方法についての記事はコチラ

 

バイナリーオプションとは?

まずは意味ですが英語表記は、binary optionという訳で、二つの選択肢二択みたいな意味になります。

 

バイナリーオプションというのは、投資の手法の一つで、一定時間後(1分後や15分後など)に今の相場が上がるのか?下がるのか?を二択で予想する投資の事を言います。

 

仮に予想が当たれば、掛け金が1.8~1.9倍(約2倍)、外れれば掛け金はゼロになる。

ただそれだけの投資です。

 

よく混同されるのですが、この仕組み自体が詐欺であったり怪しい仕組みではないのか?と言われるのですが、この仕組み自体は特に問題はありません。バイナリーオプションは詐欺であると間違った情報が流れる原因としては、

 

実際に以前(今も一部にはあるかも?)には、バイナリーオプションの詐欺業者が存在して、手口としては入金したお金が引き出せないといったトラブルが存在したためです。

 

詐欺のリスクは、業者の口コミなどを調べて、きちんとした業者を選ぶことで回避出来ます。

 

 

もう一点あげるならば、2択なので予想が当たる確率は2分の1であることに対して、予想が的中した時の払戻金が2倍を下回る場合は、フェアではない※と言えるかもしれませんが、それは事前に明示されている情報なので私は投資を行う側の問題であると思います。

※、投資を無限に繰り返すと予想が当たる確率は、限りなく2分の1になりますが、払戻金が2倍でない場合、長期的に投資を行った場合に確率論的に必ず負ける仕組みができているのでフェアではないという意味です。

 

それでは本題の、私が考えるバイナリーオプションをオススメ出来ない理由についてお伝えしたいと思います。

 

バイナリーオプションをオススメ出来ない理由

感情が入る可能性が高い

言い換えると冷静さを保てない可能性が高いという事です。

 

だって、掛け金がわずか数分後に約2倍になるか、ゼロになってしまうですよ!!

仮に1万円を投資した場合、予想が的中すれば月収30万円の人だと、数分後には1日分の日給が稼げるわけで、外れれば1日の日給分を失う訳です。

 

投資を行うときは、とにかく無感情であることが重要であると何度も今までお伝えしていますが、ここまで時間対効果の大きい投資だと私は冷静さを保ち続ける自信がありません。

 

予想の精度に限界がある

相場に方向性が存在しない

株の場合だと、企業は利益を生み出し続ける事を存在理由とするので、基本的には株価は上昇する方向で成長しようとします。

 

対して、バイナリーオプションによく利用されるのが外国為替証拠金取引(FX)なのですが、例えばドル対円の場合だと、円高、円安ともにメリット、デメリットを持つため、

 

絶えず為替相場は、上昇と下降を繰り返すのみで、特定の方向に向かう性質は持ちません。

 

 

もちろん株についても何かが起これば株価が下落する可能性はあるのですが、

言うならば枯れる可能性のあるけれど、基本的には明日も咲いているヒマワリ明日は晴れにも雨にもなる可能性のある空の天気の違いの様に大違いなわけです。

 

ノイズが多すぎる

次の項目でも触れますが、わずか1分という制限時間内だと、いくら綿密にテクニカル分析や、各種の指標からファンダメンタルを読み取ろうともしたところで限界があります。

 

中長期の投資であれば、誤差にもならないような小さな値動きを、わずか1分という超短期の取引では拾ってしまう事になります。

 

例えば、どこかの国の富豪が気まぐれで

 

『円って安定してて良さげやん♪』

みたいなノリで大量に円を購入した時でも、円相場は若干ですが上昇します。

 

 

大きく足を上げて歩けば、つまずくことはほとんどありませんが、足を上げずに歩けば小さな段差にもつまずいてしまいます。

こんな気まぐれな相場の動きを予想するのは不可能ですよね?

 

 

イメージしにくいかもしれませんが、それだけ短時間での投資はつまずくリスクが大きくなるという事です。

 

 

利益の確定するまでの時間が短すぎる

例えば、バイナリーオプションで、現在の相場よりも『上がる』という予想をした場合、定められた時間までに相場が上がらなければ負けが確定します。

 

でも逆に、定められた時間と言う物が存在しなければ、将来のどこかの時点で上がれば勝ちであると言えます。

※この場合は払戻金の割合も一定ではなく相場の変動とともに変化します。

 

また、日本円で海外通過を購入した場合に限られますが、スワップポイントと呼ばれる『利子』のようなものも長期保有であれば受け取ることができます。

 

このように、短時間で利益を強制的に確定させてしまうのは、将来得られるであろう可能性を失う行為であると私は思う訳です。

 

まとめ

私の中での投資とは、学習などによって予想の精度を上げる余地のあるものが投資であると考えているので、

バイナリーオプションは限りなくギャンブルに近い性質をもった投資であると思います。

 

1回1回の投資の予想を綿密に行い、なおかつ冷静な判断が出来なければ利益を上げるのは難しいのではないでしょうか?

 

実際にバイナリーオプションを始めた場面を思い浮かべてみて、

『さっきは『上がる』方に賭けて勝ったから、次は『下がる』に賭けてみよう!!』みたいなことを言いそうなら、もう一度よく考えたほうがいいと思います。

 

だって、賭けるって言っちゃってるわけですから。それは賭け事=ギャンブルってわけです。

 

本日は、バイナリーオプションがオススメ出来ない理由について

  • 冷静さを保ちにくい
  • 予想の精度に限界がある
  • 短時間で強制的に利益を確定させられる

以上3点でお伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪GMOクリック証券≫取引に必要なマーケット情報が充実!企業分析ツールや投資情報が無料!

 - お金 , ,