乱高下を続けるビットコインでの投資は始めるべきなのか考えてみた

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら




どうも!!株式投資が大好きなFPの『ラシラン』(rasiran)です。

最近100万円台から200万円台と短期間に2倍に急騰したり、大きく値下がりしたりのビットコインですが、値下がりしたタイミングでビットコインでの投資を始めれば大きく利益を出せるのでは?と考えている人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は『そもそもビットコインに投資する価値があるのかないのか?』についてお答えしようと思います。

 

まず、いきなり結論を申し上げると、私の考えとしてはビットコインでの投資には価値はないと考えています。

それではいきなり本題に入る前に、ビットコインとは何なのか?についてみていきましょう。

バイナリーオプションが投資と呼べるのかについての記事はコチラ


 

ビットコインとは何なのか?

ネット上で調べると少しわかりづらいので、イメージしやすいように少し意訳を含めてザックリお伝えしようと思います。

簡単に言ってしまうと、ビットコインは、お店でもらえるポイントカードに入るポイントと同じようなものです。

 

ですが、ポイントカードのポイントは、ポイントをもらったお店でしか使う事が出来ませんよね?

一部、Tポイントは、ツタヤやファミリーマート、エネオスなどに限ってはもらったお店と使うお店が違っても使う事が出来ますが、世界中の全てのお店で使う事が出来ないうえに現金化しようとすると、ちょっとした手間もかかります。

 

ビットコインというのは、ポイントの枠を超えて、私たちが使っているお金そのものの代わりになろうとしている仮想通貨の事です。

 

とても便利なように感じるかもしれませんが、現時点では多くの問題点が実は存在します。

その問題点を理解するには、お金とは何なのか?を理解する必要があるので、お金とは何なのかをおさらいしておきましょう。

 

お金とは何なのか?

お金って言うと、紙幣や硬貨といった、『紙きれ』『金属の塊』をイメージすると思いますが、お金の本質としては実は間違いです。

 

辞書に出てくるような、意味合いとしては異なる表現もあるのですが、一言で言うと、お金とは、相手から受け取った商品やサービスの価値を数値化するための『数値』の事をお金と呼んでいるに過ぎないのです。

で、『数値』は目に見えないと困るので、仕方なしに目視できて、なおかつ複製の出来ないものを紙幣や硬貨といった形に、日本だと造幣局が認可を得て作っているという事です。

 

少しややこしいのでまとめると、

  • お金とは、相手から受け取った商品やサービスの価値を数値化するための『数値』のこと。
  • 硬貨や紙幣は、『数値』を目視するために無理やり実体化させた物のこと

これがお金の本質という事になります。

 

もしも難しければ、お金が存在するためには基準となる価値が必要であると覚えていただければ、これから説明するビットコインに投資する事の危険性を理解していただけると思います。

 

ビットコインは何の価値を基準に存在するのか?

お金(現在流通している貨幣)は、発祥の理由を考えると、私たちの祖先が石や貝殻を貨幣として利用していたころまでさかのぼる事が出来るので、自分が手に入れた物やサービスに対する価値を数値化するために生まれたとお伝えしました。

 

私たちの使っているお金は貨幣という形で、見て触れる形で存在していますが、お金の本質は実体のないものです。

 

そして、ビットコインというのは何なのか?というと、何を数値化するためのものでもなく、

ただ、現実に存在するお金と価値を競っているだけの『数値』単体でしかないのです。

 

需要のあるものは存在する価値があるので、ビットコインそのものが今後も存続するものであるという可能性は否定しませんが、

その場合においてもヨーロッパでユーロという通貨単位が流通した当時を考えると安定、そして定着する段階に至るまでにはまだ未熟な通貨であると考える事が出来ます。

 

投資の対象としての『株』と『ビットコイン』の比較

両者ともに、価格が変動する性質は同じです。ただし価格の変動する理由を考えるとまったく別の性質をもったものだという事が出来ます。

それでは、それぞれの価格が変動する理由についてみていきましょう。

 

株価の変動理由

企業の現状に対する評価

企業に価値がある状態というのは、健全な経営を行っていて、なおかつ社会に価値のある商品やサービスを提供している状態の事をいいます。

当然、株価指標から推測できる健全度や、社会に提供できる商品やサービスの価値に対する評価が変動すればそれに合わせて株価も変動します。

企業の未来に対する期待

例えば、未上場の企業が株式公開(IPO)を行った直後というのは、株価が企業の価値とかけ離れて高くなることがあります。これは企業の価値というよりも公開直後に株を手に入れたいという需要が集中することによる値上がりが大きかったりします。

そこで多くの投資家は、公開直後の株には需要が集中することを知っているので、そのことによる値上がりを期待して株を購入する流れが出来上がるわけです。

※もちろん企業の価値を評価しての値動きの場合もあります。

そのほかには政治動向や為替相場、現状の企業を取り巻く要因によって投資家の期待度が高まる(下がる)結果として株価が変動することがあります。

 

株の場合ももちろん、期待という不確かな要因での値動きは存在するのですが、あくまで企業の価値が担保されての価格変動なので長期的視点で見ると、適正な株価に落ち着くように市場が出来ています。

 

ビットコインの価格(ビットレート)の変動理由

ビットコインの現状に対する評価

今回の記事の前半ででビットコインの存在理由は実体のないものに対する評価とお伝えした通り、残念ながら、そもそも評価する事が出来ません。

ビットコインの将来に対する期待

ビットコインの価格変動は将来に対する期待によって変動していると私は考えています。

また、特定の国の通貨でもない性質から何かビットコインを取り巻く要因を元にした価格変動ではなく、単なる憶測を元にした、まさに雲をつかむような予想に対する期待が価格変動の要因です。

 

適正価格も何もなく、常に不安定です。

 

期待のみで価格が変動するものに投資するとはどういうことか?

現在のビットコインの相場を見ていただくとわかりやすいのですが、価格の根拠が期待のみの場合、上がりやすく下がりやすい。まさに不安定な相場となります。

 

そもそもビットコインの現状を見ると、通貨として流通させるよりも、単に投機の対象として見られているだけですからなおさらです。

 

まとめ

私の考える投資というのは、自分の知識や把握できるものを増やすことで、利益を増やす確率を上げることができるものだと考えています。

 

そもそもの価値の根拠のないビットコインには、知識やテクニックがまったく通用しないという事です。

例えるならば、血液型占いみたいなものです。ある程度は当たっている場面もあるかもしれませんけど、根拠がないうえに、例外もたくさん存在しますよね?

そんな感じです。

 

失礼な言い方をしてしまうと、

フワフワとした不確かなものに、お金の欲しい人たちが群がっている状態が、現状のビットコインであると思います。

よって、ビットコインの価格が上がる理由も下がる理由もそこには存在しません。ビットコインへの投資はただのギャンブルって事です。

 

どうしてもビットコインで投資がしたいなら、一般的な支払いでビットコインが通貨として利用される日が来た後にするべきですね。

 

さて、、、。クレジットカードも定着していない日本でビットコインが定着するのか?

少し考えれば予想できるような気がしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.