日焼け止めを塗ると肌が荒れる!!肌をいたわり日焼けも予防するには〇〇を使う

 
肌をいたわりながら日焼けも防ぐには〇〇を使う

この記事を書いている人 - WRITER -
お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。 ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

ロードバイクに乗るときの日焼け対策はいかがでしょうか?

どうしても汗をかいたり、長時間乗ることもあるというハードな使用状況から、日焼け止め効果の大きいものを使用するという事も多いのではないでしょうか?

 

ただ、どうしても効果の大きい日焼け止めというのは、肌への負担も大きかったりします。

 

私が使っているのもウォータープルーフで、SPF50+,PA++++と、市販されている中では最強クラスに属するもので、日焼けを抑える効果は十分に満足できるのですが、肌荒れがすごかったりします。

 

特に私は肌が弱く、日焼けを取るか、肌荒れを取るかの究極の選択を長い間続けてきました。そこで今回は日焼けを防ぎながら、肌荒れも防ぐ方法についてお伝えします。

 

ワセリンを使うだけですべては解決する

長々と引っ張っても仕方ないので、まずは解決策からお伝えしたいと思います。

 

特に何も難しいことはなく、日焼け止めの下地にワセリンを使うというだけです

なぜ日焼け止めを使うと肌荒れを起こすのかというと、日焼け止めの中には、日焼けを防ぐために紫外線吸収剤をはじめとした肌に刺激のある成分が多数含まれているからです。

 

SPFや、PAの数値を下げることでも肌への負担を減らすことが出来ますが、所詮は時間稼ぎです。結局は、肌も焼けますし、刺激も無いわけではありません。

 

なぜワセリンなのか?

他の、肌に塗り込む製品とワセリンの決定的な違いは、肌に対して何もしないという事です。

 

ワセリンは何かと簡単に説明すると、『精製された油』のようなものです。

 

一般的な製品が肌に浸透するのに対して、ワセリンは肌の上に乗っかってコーティングしているだけです。

 

試合で出血したボクサーの止血に使われているのも実はこのワセリンなのですが、傷口にしみこまないという利点が活用されているわけです。

ワセリンを使うとどうなるのか?

ワセリンを使うと、肌の上にワセリンの膜をつくって、日焼け止めの刺激から守ってくれるようになります。

 

あくまでイメージですが、肌の上に薄皮を一枚張ってくれるような感じです。

 

これは、すでに日焼けで真っ赤になった肌にも有効で、日焼けした肌は、何をしてもヒリヒリと痛かったりします。そのヒリヒリの上に日焼け止めを塗りこむなんて考えただけでぞっとしますよね?

 

そんな場面で、下地にワセリンを塗ってから日焼け止めを塗るわけです。さすがに肌が炎症を起こしている状態なので、まったく痛くないわけではありませんが、じかに日焼け止めを塗りこむよりはいいと思います。

 

その他、日焼けに有効なもの

完璧を求めるなら、アームカバーにレッグカバー。そしてフェイスカバーor目出し帽??までやれば効果的だとおもうんですけど、使用頻度の高いものを二つ紹介しておきます。

 

アイウェア(サングラス)

オークリー ジョウボーン

ロードバイクに乗る人たちはアイウェアと呼ぶことが多いようですが、私は今だにサングラスと呼んでいたりします。

 

目の周りって日焼け止めを塗るとすぐに汗で流れて目に入ってきて困ったりするのですが、アイウェアをかける事によって、日焼け止めを塗らなくても目の周りは日焼けしなくなります。

 

それに、目にも紫外線が当たりすぎると白内障の原因になったり…というより、アイウェアのあるのとないのでは疲労感が全然違います。

 

 

もちろんUVカットのレンズが使われていることが前提ですが、安価な物でも十分に機能してくれるので購入しても損はないと思います。

 

サイクルキャップ(帽子)

まだ被っている人は少数派かもしれませんが、かなり便利なので紹介しておきたいと思います。

 

サイクルキャップのツバは短いので、それほど効果がないように見えたりもしますが、実際にかぶってみると、効果は絶大で、ちょうどアイウェアのレンズと、おでこの間を覆ってくれます。

 

上体を伏せた体勢で、漕いでいると太陽の光がまぶしく感じることがありますが、あれを防いでくれるわけです。

という事は、紫外線も防いでくれているという事ですね。

 

また、プラスアルファなところでは、おでこからの汗を止めてくれる役割もあります。1000円位からあるのでこちらもオススメです。

 

まとめ

日焼け止めによる肌荒れを防ぐには、下地にワセリンを塗ることをオススメしました。

下地に使う以外にも、レンズの大きなアイウェアで、頬っぺたにレンズが擦れて痛いという場合にも塗っておくと痛みが緩和されるなど、様々な事に使えます。

塗り薬の基剤にも使われるほど安全性の高い素材ですので、私のように肌が弱く困っている方にはオススメです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。 ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!
 

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.