ダンベルは何キロ持てればスゴイのか?10kg、20kg、30kgの選び方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

どうも!!ヤンキーの先輩の部屋って、なぜか10kgじゃなく9kgの鉄アレイが転がってるよなと思う『らしらん』(rasiran)です。

 

今回は、よく聞かれるダンベルは何キロの重さを買えばいいのか?についてお答えしようと思います。

これからダンベルを購入するとなると、

  • ダンベルの重さは何キロを買えばどんな体型になるのか?
  • 何キロのダンベルを持てるとスゴイと思われるのか?
  • 重すぎるダンベルを買ってしまって持ち上げられない心配はないのか?
  • らしらん(この記事の著者)がダンベル購入でやってしまった失敗は何か?

このあたりが気になるのではないでしょうか?

 

今では、30kgのダンベルを使っているらしらん(この記事の著者)ですが、もともと運動嫌いのヒョロヒョロから筋トレを始めました。

 

ですから、『筋トレマニア』のなかでの常識ではなく、『一般的な感覚』としてお伝えしようと思います。

 

10kgのダンベルを持てれば、十分にスゴイ

筋トレマニアの人に聞くと、『10キロなんて超余裕』なんて言っていたりしますが、一般的な考えだと10kgのダンベルで筋トレをしていれば、かなりスゴイと思います。

 

一般的な標準体型と比べると、胸板も厚くなりますし、腕も太くなります。

そうですねぇ、街中で出会う怖そうなお兄さんに『根性じゃ負けるけど、腕の太さは勝ってるかもしれへん!!』って時々思えるようになるのが10kgのダンベルで筋トレを始めた頃だと思います。

 

そして、私が『筋トレを始めるための筋肉』と呼んでいる筋トレを始めるにあたっての体力が付き始めるのもこの頃です。

 

運動の経験のある人は別かもしれませんが、以前の私のようにヒョロヒョロだと腕立て伏せってめちゃくちゃキツクありませんか?

 

それが、私の場合10kgのダンベルを使ってから『あれ?腕立て伏せって割と普通にできるやん?』に変わりました。

 

【悲報】ダンベル10kgは、すぐに持てるようになってしまう

運動していない人だと、10kgのダンベルって本当に頭のおかしいレベルの重さだと思うんです。

もちろん、私もそう思いました。

 

ですが、10kgのダンベルはあっという間に持てるようになります。

そして、先ほどお伝えしたように『筋トレを始める為の筋肉』がついてしまっているので、ここからは加速度的にさらに重いダンベルが欲しくなります。

 

【悲報】20kgのダンベルは通過点

20kgのダンベルを使い始めると、ふと自分の事を客観的に見たときにどうかしてると思えます。

だって日常生活で、20kg以上の物に触れる機会ってあまりありませんからね?

 

日常的に20kgのダンベルに触れてしまっている自分の体は、以前と比べて明らかに引き締まっていますし、プロテインを飲み始めると一気に筋肉がついてくるようになります。

 

で、残念なことに?この20kgのダンベルも割と普通に持てるようになってしまいます。

ですから、20kgのダンベルを買ったけど重すぎて使わなくなったという心配はありません。

 

後悔したくなければ30kgのダンベルを選ぶ!!

私は、初めにお伝えしたようにヒョロヒョロの肋骨が浮き出るようなガリガリからのスタートだったので一番はじめは、固定式の5kgのダンベルを購入して、物足りないから10kgのダンベルを購入し、結局さらに30kgのダンベルを買い足すことになりました。

 

ですので、結論としては初めから30kgのダンベルを購入するのが正解のようです。

 

30kgのダンベルが扱えるようになると、

  • 海や温泉で『お兄さん、どうやったらそんな体になるんっすか?』と声をかけられる。
  • 献血で針を刺すとき血管が太くて刺しやすいと褒められる
  • 体力がつくので疲れることも少なくなり、疲れないから今まで以上に頑張れる場面が増える

なんて経験ができるようになってきます。

 

これは、私自身もまったく予想できないことだったので今でも信じられない位です。

 

実は30kgのダンベルを購入して、まったく満足しているわけではない。

写真のような(ガッツポーズみたいなトレーニング)をダンベルカールと呼ぶのですが、こんなのを30kgのダンベルでできたら、モンスターゴリラです。(誉め言葉)

 

ですので、一般的にはダンベルカールのような力の入りづらい種目のトレーニングは、ダンベルの重りを軽いものに交換して行います。

 

この、重りの交換が結構メンドクサイわけです。

 

ですので、私は昔ながらのネジで絞めて重りを交換するタイプを購入したわけですが、もしも今まったくダンベルを持っていない頃に戻れるなら可変式ダンベルってのを購入していると思います。

 

まさに下の写真のモーションズのダンベルです。

可変式ダンベルは四角い見た目のピンで重さを交換するタイプもありますが、いまではダイヤルで重さを調節できるタイプが主流です。

 

ただし、ネジ式と比べて作りが少し複雑なので安物を買うとやはり故障が多いようです。

 

 

色々調べたところ、Bowflex(ボウフレックス)ってメーカーもありますが高価なので、価格と品質のバランスがとれているモーションズで十分だと思います。

 

保証もついているので万が一の故障も安心だと思います。

 

私のダンベル購入での失敗と言えば可変式のダンベルを購入しなかったことですね。

  • ダンベルの重さ交換が楽になる
  • 取り外した重りのプレートの置き場に困らない(部屋に散らからない)
  • 重りの交換の際に、取り外したプレートを置くときの『ドサッ』て音や床の傷の心配から解放される

このあたりを考えると可変式のダンベルがやっぱり魅力的であるわけです。

 

まとめ

今回は、初心者が買うべきダンベルの重さについてお伝えしました。

 

今回の内容をまとめると、

  • わりと適当な筋トレへの取り組みでも10kg、20kgはすぐに持てるようになるので迷わず30kgを買っておく
  • 私が個人的にモーションズの40kgを買えばよかったと後悔している

と言うことについてお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© rasiran , 2020 All Rights Reserved.