【恐怖】小さな毛の生えた虫を部屋の中で見たら究極にヤバイ!!

 
ムシューダ 防虫カバー
この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

どうも!!虫が怖くて怖くて仕方のない『ラシラン』(rasiran)です。

突然ですが、ヒメマルカツオブシムシってご存知でしょうか?

どうやらカツオブシムシ科の虫のようですが私の部屋で発見したのはその幼虫。

飼い猫をブラッシングした際に作った毛玉ボールの中に大量発生することもあるようです。

大きさは、ご飯粒位で約5ミリ。全身に毛の生えたグロテスクな虫でした。

もしも毛玉ボールの近くで見かけたことがあるのなら、毛玉ボールを割ってみることをオススメします。

ウィキペディアのリンクを張り付けておくので興味があるなら少し覚悟してから開いてみて下さい。

毛の生えた小さな虫のサイトはコチラ

見たことのない虫の名前ってどうやって調べるの??

私もこんな虫は今まで見たことがなかったので見つけたときには困りました。

なんていう名前の虫やろ??って

仕方なく、グーグル検索で『毛の生えた小さな虫』ってキーワードを入力してみました。

すると一発でヒット。

さすがGoogle!!見たままで入力すればいいんですね(笑)

ヒメマルカツオブシムシはこんな虫

成虫は、花の花粉などを食べるなんてことない虫なのですが、幼虫は服などの繊維を食べる虫だそうです。

ほかには、乾燥したたんぱく質。名前の由来はかつお節に大量発生することによるものだそうです。

ようは、服を食べて穴をあけてしまう虫という事です。しかも高価な柔らかい繊維から食べるとか、、、。

見つけてからは、パニック状態で部屋中を調べました。

まずは、スーツやネクタイです。

お気に入りのウールのジャケットもあります。そういえば礼服も……。

全部ハンガーから外して調べました。

これだけで、ものすごく大変!!

結果は、残念なことに奥の方に大切に仕舞っていたネクタイを一本やられていました。

晩御飯が『ステーキだと思っていたのに、実は豆腐ステーキだったって時』くらい落ち込みました。。。

見つけたからには戦うしかない

そのほかに被害は見られなかったのですが、卵を産まれていたり、小さな虫なので見落としている事も考えられます。

対策についてお伝えすると、

まず成虫に関しては新たな卵を産む危険性はありますが、それ以外は衣類を食べることもありませんし、通常の殺虫剤で駆除することができます。

ですので、成虫のヒメマルカツオブシムシについては、虫コロリアースが有効です。

この製品は、ムカデをはじめ、名前のわからない虫全般への効果をアピールしています。

虫に直接吹きかける以外に、発生しやすそうな場所に噴霧しておくことでの防虫効果もあるので吹きかけておきましょう。

問題はヒメマルカツオブシムシの幼虫と卵

困ったことに、ヒメマルカツオブシムシの幼虫と卵には、殺虫剤の効果が弱いのです。

ただ、弱点が全くないのか?というと、そうでもなくて、卵と幼虫に関しては熱に弱いことと洗濯によって駆除することが出来ます。

ですので、費用はかかりましたが結局スーツ類はすべて、クリーニングに出すことにしました。

ヒメマルカツオブシムシを駆除した後にできる事

ムシューダ 防虫カバー

衣類をクリーニングに出して、ヒメマルカツオブシムシの幼虫と卵を駆除した後は、衣類に再び虫がつかないようにする必要があります。

そこで私は、ムシューダ 防虫カバーを購入しました。

つり下げタイプの防虫剤も合わせて利用していますが、スーツを一着づつビニールで覆っている方が安心できるので念には念をという訳です。

スーツを全てクリーニングに出すことに比べれば安いものです。

あわせて部屋の大掃除をしました

カツオブシムシは『ホコリ』も食べるようなので隅々まで掃除機をかけてコロコロも、いつもの倍の時間をかけて丁寧にかけました。

もちろんベッドの下や、マットレスの裏側、布団にも同様に掃除機をかけて、さらにコロコロを念入りに!!

※この記事を作成後、ロボット掃除機 も購入しました。

しっかりと掃除をした後でも、ロボット掃除機を動かすと結構なホコリが取れるので助かっています。

ロボット掃除機エコバックスのDEEBOTの記事はコチラ

まとめ

今回は、小さな虫を一匹見つけただけで大変な大騒動となりました。

たいていは部屋中を隅々まで掃除すると、大量に虫が隠れている箇所を発見できるようなのですが現時点では発見することができませんでした。

というわけで、小さな希望としては中古で購入した書籍に一匹だけ幼虫が紛れ込んでいたと思い込むことにしたいと思います。

その小さな希望は当たっているのか、外れているのか?もしも外れていたならば続編という事で皆様にもお伝えしようと思います。

皆さんも大切な衣類の防虫にはお気を付けください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.