2017/04/23

スペシャライズドのEspoir Sportがヤバすぎる理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

完成車についてくる、タイヤに対する情報って圧倒的に少ないですよね?

たしかに性能アップを目的とするパーツ交換には、よりベストな製品を選択したいという需要があるので交換パーツについての情報が増えるのは分かりますが…。

 

でもですよ?完成車についてきたタイヤって本当のところどうなのか知りたくありませんか?

 

ちょうど私の乗っているスペシャライズドのアレーのタイヤが走行距離が3000キロを超えたので、実際のところどうなのかについてお伝えしたいと思います。

Espoir Sportのスペック

espoir sport

まずは、読み方についてですが、読み方はエスポワール スポーツで、エスポワールの意味は、フランス語で『希望』だそうです。

スペシャライズド製で、3600円で販売されているようです。

 

それでは、スペックを紹介しましょう。

Espoir Sport

  • ケーシング  60tpi
  • ビード    ワイヤー
  • コンパウンド 70a
  • 重さ     700×25  370g

 

比較のために、手元にあるコンチネンタルの4000sⅡのスペックも紹介しておきます。

コンチネンタル4000sⅡ

  • ケーシング  330tpi
  • ビード    フォールディング
  • コンパウンド ブラックチリ
  • 重さ     700×25  225g

 

ケーシングは、タイヤの中の繊維ですね。単位のtpiは、threads per inchの略で、1インチ当たりの繊維の本数を表します。

コンチネンタル4000sⅡがたしか330tpiだったので、60tpiはかなり少ない方だと思います。

4000sⅡと比較してもゴワゴワしている印象です。

 

ビードは、ホイールにはまり込む硬い部分です。ここがワイヤーの為折りたためません。そしてしっかり重さに貢献してくれています。

 

コンパウンドは、グリップに影響する材料です。たしかに手で触ってもコンチネンタルの4000sⅡの方がグリップがよさそうな事が分かります。

 

最後に重さですがスペシャライズドのEspoir Sportのほうが145g重いです。という事は、前輪と後輪を合わせると290gの重量増となります。

 

あと、個人的に気になったのは、タイヤ自体の厚みです。Espoir Sportの接地面の厚みは4000sⅡの2倍位ありました。これも硬さと重さに影響しているはずです。

 

実際に乗ってみてどうなのか?

Espoir sport

私はEspoir Sportしか乗った経験がないので比較はできませんが、実際に乗った感想をお伝えしたいと思います。

 

まずは、ケーシングの影響が出ると思われる硬さですが、琵琶湖一周や、しまなみ海道など比較的長距離もこのタイヤで走ってみましたが問題ありませんでした。

そりゃあ良いタイヤの方が当然クッションやグリップの面でも快適だとは思いますが、100~200キロ走れないわけではありません。

 

コンパウンドによるグリップ性能も十分だと思います。山道の急な下りでも早くて50キロでカーブはしっかり減速する私のような使い方では不安に感じることはありませんでした。うまい人だともっと攻められるんじゃないでしょうか。

 

重さについてですが、1本あたり4000sⅡよりも145g重いので、さすがに影響を受けていると思います。レースで記録を狙いに行くなら完全に不利だとは思いますが、トレーニングや健康目的での使用であれば重さは有利に働くと思います。同じ速度で走っていても負荷が大きいわけですから軽いタイヤよりも短時間で大きなトレーニング効果を得ることができます。

 

性能だけが重視されがちですが、本来重視するべきは用途に応じているかどうかだと思います。

私が本当にお伝えしたいEspoir sportのヤバさ

スペシャライズド タイヤ

 

 

とにかくパンクしないです!!(あくまで私の経験談です)

 

個人的な感想ですが、パンクをさせるのが無理なんじゃないか?と思うくらいパンクはしないです。

 

多少の砂利道ならそのまま走ってしまったり、山道の落石の周りのとがった石の欠片もパチパチとはじきながら走ったりしていますが、今のところ大丈夫です。

 

おかげで、表面には細かい傷が入ったりしていますが、耐パンク素材として組み込まれたBlackBeltというシートがパンクから守ってくれているようです。

 

しかも、カタログによると、このEspoir Sportは、BlackBelt ×2と表記されています。

はじめ、「エックス2」かと思いましたが、英語のサイトでは、ダブルブラックベルトと表記されていたのでタイパンクシートが2倍という事でしょう。どうりでパンクしないはずです。

 

あとは、タイヤの持ちがスゴイです。3000キロであまり減っているようには感じないので8000キロとか走れちゃうんじゃないでしょうか?

 

まとめ

スペックからすると劣っているようにはみえますが、それは使用目的がレースなどの高速走行を想定しての話です。

 

もしも使用用途が、通勤やロングライドなどスピードの要求されない使用環境においては最高の選択となるのではないでしょうか?

 

 

日常使いには素晴らしいタイヤだと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

お金や趣味に関することを中心に、人生を楽しくするための知識をブログを通じてお伝えしています。
ツイッターでフォローしてもらえると嬉しいです!!

 

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.