【窃盗グループに聞いた】ロードバイクのカギの選び方

 
  2018/05/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら


お気に入りのロードバイクを購入したなら、頑丈で軽量なカギが欲しいものです。

 

ただ残念なことに頑丈さと軽さを兼ね備えたカギは今のところ存在しないので、どこかで頑丈さと軽さの妥協点を見つける必要があると思います。

 

先日、元自転車の窃盗を行っていたという人に話を聞くことができたので、そのなかから、防犯効果と軽量さの妥協点を探っていきたいと思います。

 

ロードバイクの使い方について

まずは、これからロードバイクを購入するという方のために、ロードバイクの基本的な使い方について触れておきたいと思います。

 

ロードバイクは、高価で軽量という事からママチャリと比べて盗難にあう可能性がグッと上がります。

 

ですので、基本的にはママチャリのように、通勤や通学のために最寄り駅に一日中停めて置いたり、買い物や映画を見に行くといった日常の移動手段としてそばを離れるような使い方はしません。

 

意外に思われるかもしれませんが、常に乗りっぱなしでそばを離れないというのが、ロードバイクに乗っている人の中では一番多い使い方だと思います。

 

今回は、離れてもコンビニやトイレ程度で、その間の盗難を防いでくれる最適なカギは何なのか?という事で書いていきます。

 

ベストなカギは何なのか窃盗団に聞いてみた

先日、以前に自転車の窃盗を行っていたという人に出会った時の会話から書いてみようと思います。

シチュエーションは、バーのカウンターで隣の男性から話しかけられ、私の趣味がロードバイクであることを伝えたことから始まりました。

 

「趣味はロードバイクですよ」

元窃盗団「えっ本当ですか?なら気を付けたほうがいいですよ」

 

えっ?何をですか?」

元窃盗団「いや~怒らないでくださいよ。実は昔こずかい稼ぎの為に自転車を盗んだことがありまして…結局捕まったんですけど……」

 

「(一瞬ぶっ飛ばしてやろうかと思いながらも気を取り直して)その時の話聞かせてください!盗まれないカギのかけ方や、どんな風に盗んでいたかも知りたいです。」

元窃盗団「私が使っていたのは、20㎝位のボルトカッター(ボルトクリッパーの事)です。あまり大きいと重いですし目立ちますから…」

「え?そんな特殊な工具を使っていたんですか?」

元窃盗団「一般の人だと特殊かもですが、私たちは盗るのが仕事だったので最低限これくらいの工具はみんな持っていたと思いますよ」

 

「それを使ってどうやって盗むんですか」

元窃盗団パチンと切るだけです。逆に何度も切りなおさないと切れないような時間がかかるものは初めから狙いません

 

 

「という事は、狙うカギは決まっているという事ですね?」

元窃盗団「そうです。基本的にはワイヤーのカギを狙います。ワイヤーのカギを2つ付けてるのとかあるんですけどパチン、パチンで2秒ですから意味ないですね」

元窃盗団「多分、カギをかけたことで安心するんでしょうけど、私らみたいな盗む側は最低でも小さいボルトカッターを持ってますから意味ないですね」

「チェーンのカギはどうですか?ちょうど私が使っているのもチェーンタイプなんですけど」

元窃盗団「ボルトカッターのいいやつを使えば、細いのは余裕で切れます、ただ私のボルトカッターは安物だったので私は狙いませんでした」

「え?チェーンも切れるんですか?」

元窃盗団「1〜2分位で切れますよ」

 

「You tubeで、U字ロックを大きなボルトクリッパーや、電動のカッターで壊すのを見たんですけど、本当にあんな大きな工具を使って盗む人はいるんですか?」

元窃盗団「私達はコソ泥レベルだったので、周りにも使っている人はいませんでした。日本にはあまりいないんじゃないですか?」

 

「へぇ~…………。」

まとめ

窃盗を行っていた人の話によると、ワイヤーのカギは効果がないようでした。

チェーンのカギもショックなことにあまり効果がないらしく、U字ロックになると頑丈すぎて狙いもしないとのことです。

安全なのはU字ロックですが、重さがネックになりますね。

ただ、どんなに丈夫なカギを使うよりも、自転車のそばを離れない限りは盗みようがないとも言っていたので、個人的には重さとの兼ね合いから、チェーンのカギを使い続けようと思います。

 

対策としては、

  • ロードバイクのそばをできるだけ離れないこと
  • 店内で食事をする場合は店内からロードバイクの監視できる店を選ぶこと
  • 数人で出かけた場合は、複数台をまとめてグルグルに鍵をかけて盗むのにメンドくさそう感を出す
  • あとは、確率論的な話ですが、割と田舎の方のたまにしかロードバイクの客がやってこない店は、盗む側からすると効率が悪すぎるのでそのようなお店を選ぶのも手かもしれません。

 

私が使っているABUSのチェーンで270gです。盗難の危険性を考えると軽さの追求もカギに関してはこの辺が限度のようです。

追記;そもそも狙われる場所に停めておくことが危険なのでコンビニに停めておく程度の時間稼ぎが出来ればカギの効果は十分だと思います。

 

というわけで、私の妥協点はチェーンロックから揺るがず!!

とにかく、置きっぱなしでそばを離れないということですね

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
趣味や生活の知恵など人生を楽しくする為のブログを書いています。 とくに株式投資については、儲ける事ではなく『損』をしないから結果的に『利益が残ってしまう投資』をお伝えしています。 『ロードバイク』や『株式投資』など特定のカテゴリを見るなら、上の方にあるタイトルの【rasiran】をクリックしてトップページからどうぞ♪↖↖↖
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© rasiran , 2017 All Rights Reserved.